みなさん、ごめんなさい!

ラポールについてあれこれ考えていると、

頭を抱えて「やり直したい!」と思うような

過去の自分の振る舞いを思い出します。

 

例えば、中学生の頃の父に対する態度。

みんな通る道かもしれないけれど、

父が何を言っても「何言ってんの?全然意味わからん」と

思っていた時期があって、

その頃は朝の挨拶の時もろくに顔も見ていなかったような。

 

あとは、学生時代から大人になっても、

なんとなく自分が苦手と思っている人に対して

なるべく目を合わせないようにしていたこともあったような。

 

「目を合わせる」「その人の方に顔を向ける」という

ラポール作りの基本の基本を敢えてやっていなかった、

つまり「ラポール作る気ありません」という態度を

とっていたなあ、と穴があったら入りたい気分。

 

相手の態度も、

私の態度に対する当然の結果、だったのかもしれません。

 

改めて….

お父さん、みなさん、ごめんなさい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です