インタビュー最年少記録、3歳2ヶ月

私は子どものインタビューを得意としていますが、
これまでにインタビューした最年少は、
3歳2ヶ月の男の子です。

こう言うと、
「え、3歳の子にインタビュー??」
と驚かれるのですが、

3歳の子にも立派にインタビューできるんですよ!

****************

あるオモチャメーカーさんのお仕事で、
子どもたちのお家での遊び実態を明らかにするために
家庭訪問をしてインタビューをしたのですが、

なるべくいつも通り遊んでもらうよう、
仲良くなるところから始めます。

だいぶ仲良くなれたかな(と言っても、5分も経っていませんが)、
というタイミングで

「何して遊ぶのが一番好き?」

等と聞いてみます。

しかし質問には答えず、
ひたすら目の前のオモチャ同士を戦わせて遊ぶ男の子(笑)

 

233244「どれが一番好き?」と聞くと、
「これとね、これとね、これとね、これ」と
目の前にあるもの全部を順に指差す。

「今何してるの?」と聞いてみると、
遊んでいた怪獣のオモチャを突然転がして
「あ、死んじゃったよ!」。

こんな調子です(笑)

「それって、インタビューになってるの?」と
思うかもしれませんが、

はい、男の子は立派に
「態度で語ってくれている」のです。

*******************

この子のケースでは、
しばらくこんなやりとりをしながら遊び方を観察し、

オモチャごとに遊びかたの区別をしているのではなく、
すべてのオモチャは、この子がしたいことの道具となる

ということがよくわかりました。

 

お人形も、ミニカーも、線路も、
ママが新聞紙で作った“棒”も、
「このオモチャだから、こう遊ぶ」という
ルールがない中で遊んでいるのが“実態”だったのです。

b0346d52f3d08b4bcb39c192b7c6abdb_s

 

 

 

 

 

 

このような小さな子どもへの“インタビュー”は、
記録の残しかたもひと工夫。

大人へのインタビューのように
「発言」の記録を取ってもあまり意味がないので、
「動画」をフル活用です。

動画と言っても、
ビデオカメラなどを構えると
子どもに緊張感や非日常感を与えてしまうので、
話しながら遊びながら、さりげな〜く撮影します。

 

6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s

このあたりのコツは沢山あるのですが、
それはまた別の機会に。

 

 

 

 

兎にも角にも、
まだ言葉もおぼつかない小さな子どもの
「態度が語る」インタビュー、

実は言葉よりも雄弁に語る側面もあって、
私は大好きなインタビューです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です