オススメしないインタビュー法

「単刀直入」とは、

相手が既に答えを持っていると確信しているときの

切り込み方だ。

 

普通の人は、自分の考えや気持ちはそれほど整理されていないし、

行動の理由をいちいち考えたりしていない。

「なんとなく」やっていることがほとんどだ。

 

だから、「単刀直入」に聞かれても答えられないし

答えられないことに気まずくなったりもして、

空気は冷える一方。

だから、あなたがジャーナリストで有識者にインタビューするような立場でなければ、

「単刀直入」はオススメしない。

 

一般の普通の人にお話を聞く場合は、

一見関係ない「雑談」から始めるのがすごく大事。

 

相手が特に考えなくても話せることからスタートする。

「好きなこと」とか

「はまっていること」がオススメ。

 

そのうち相手が声を出すことに慣れ、

口も緊張もほぐれてきたら

少しずつ「本題」に入る。

 

普通のことのようだが、

意外と“いきなり本題”の人、多いです。

忙しかったり、「聞きたいこと」だけを聞きたかったり、

結局自分本位に流れを考えてしまうと、

そうなりがち。

 

相手に話してもらう場では主役は「相手」ということ、

忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です