バンコクでダウンジャケット

春の陽気が訪れたかと思えば

また冷たい雨が振り、毎日の温度差が激しいですね。

 

温度差と言えば思い出すエピソードがあります。

 

以前、バンコクでのグループインタビューに

同席した時のこと。

 

ご存知のようにバンコクは高温多湿で、

年中蒸し暑いですよね。

空港に着くなり「ファンデーション溶ける!」というぐらい

全身ねっとり汗ばんできます。

 

そんな暑い国ですが、

いやそんな暑い国だからこそなのか、

ビルの中の冷房が効いていること効いていること!!

 

グループインタビューの会場も例外ではありません。

事前に「寒いよ」と聞いていたので

ダウンジャケットを持参していましたが

それだけでは足りずにブランケットを借り、

温かい飲み物を抱えてガタガタ震えながらの同席でした(笑)

 

何もそこまで…というぐらい冷え冷え。

でもきっと、それがある意味「おもてなし」の表現なのかなと

面白かった記憶があります。

 

ラポールを形成しやすい“場”作りを考えるとき

「部屋の温度」にもとても気を使うのですが、

この場合はどうなんでしょう??

 

私は通常、相手にとっての「適温」を意識しますが、

国や地域によってはこのバンコクの例のように

必ずしもいわゆる「適温」が最適ではないのかもしれませんね。

 

要は、相手が「おもてなし」や「気遣い」を感じられるかどうかだよね〜と

ガタガタ震えながら考えたのでした。

あくまでも主役は「相手」ですからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です