池袋駅と私とラポール

 

昨日、本日と2日連続で池袋に行ったのですが、

私はどうにも池袋駅がニガテ!

なんと2日とも、

改札を出てからどちらに行けばいいかすぐわからず

しばらくウロウロと迷ってしまいました。

 

あ、私が特別に方向音痴というわけじゃありませんよ。

知らない場所でも地図や表示を見て

目的地に行くことはそれほどニガテじゃありません。

 

でも池袋駅は、行く度にウロウロしてしまって

本当にニガテ!

 

改札を出てから駅の出口までが遠いうえに

出口の番号がその出口付近に行かないと出てこないので

「改札付近で案内してよ〜、近づいてからじゃ意味ないよ〜」と

毎度つぶやいてしまいます。

 

もうこの時点で、

私と池袋駅の間のラポールはズタズタです(笑)。

何度も行っているのにその度に右往左往するイメージが

こびりついてしまい、

楽しいイベントに出かけるとしても、

行く前から緊張すらしてしまいます。

 

こういう自分の状態を思うにつけ、

ラポール形成は相手の方とお会いする前から

始まっているんだよな〜と思います。

 

もしあなたが

お客様やこれからお話しする相手をどこかにお呼びする場合、

その方がストレスなくその場所にたどり着けるように

心配りをすることは

その方とのラポールを築く上で大切な要素です。

 

親切な案内や、困った時の連絡先のご案内があると

安心しますよね。

 

「安心・安全」を感じていただくことはラポールの基本。

少なくとも実際にお会いする前に

相手がストレスを感じるようなリスクが予想できるなら

なるべく取り除いておくのがオススメですよ。

 

 

それにつけても池袋駅。

もう少しだけ私に優しくしてくれないかなあ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です