1分でこどもの心を開く

一般的には

幼児や小学生へのインタビューは難しいと言われていますが

私はこどもへのインタビューは大好き&大得意 😛 

 

私がこどもにインタビューするとき、

こどもの心を開きぐっと距離を縮めるために

必ずしていることを1つ、公開しようと思います。

 

大人のインタビューではやらないけれど、

こどもの場合のみ、必ずしていること。

なんだと思いますか?

 

それは、

(その子の)呼び方を決める です。

大人の場合は、自己紹介していただいて

そのまま苗字に「さん付け」でお呼びしていきますが、

こどもの場合は

「今日、なんて呼べばいいかな?」

こども本人と相談します。

 

普段みんなからどう呼ばれているのか、

あだ名や愛称を教えてもらって

「じゃあ今日は、◯◯って呼んでいいかな?」と

一緒に呼び方を決めるのです。

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s  この、ほんの1分前後の相談だけで

  こどもの気持ちも随分ほぐれ、

  私から“いつもの呼び方”で呼ばれることに

  照れ臭そうにしながらも

  心の距離はぐっと縮まることになります。

 

こちらのインタビュー動画でも

「こどもの心の開き方」について小林が語っていますので、

ぜひご覧ください。

*動画では、「こどもの心を開く」ために
 していることを、もう1つ語っています。 😉 

 

園児から小・中学生まで、

こどもにインタビューするときには

小林が必ずしていることです。

 

こどもにインタビューする機会がある方は、

ぜひやってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です