3歳児のディズニーごっこ〜コンテンツとラポール〜

 

3歳の姪っ子はディズニーが大好き。

既に数回ディズニーランドに行ったこともあるので、

お家で「ディズニーランドごっこ」をして遊んでいます。

 

両手に持てるだけの荷物を持って

(大人がそうしているイメージがあるんでしょうね^^)

帽子の上から“ミッキーの耳”のつもりで

イヤーマフをし、

「いってきま〜す」と元気に挨拶して2階にあがり、

しばらくすると「ただいま〜」と言って戻って来る。

 

これを繰り返し、

ご機嫌に写真を撮ってもらったりしています。

 

ただただ可愛くて微笑ましい限りですが、

よく考えると、これすごいことですよね。

 

毎日毎日、姪っ子のディズニーへのラポールが

どんどん強化されているのですから。

 

ディズニーのDVDを見て、

キャラクター辞典(?)を見て、

シール遊びやパズル遊びをして、

「ディズニーランドごっこ」をして遊ぶ。

 

もう、なんらかのディズニーのコンテンツに触れるのが習慣化し、

かつそこから新たなコンテンツ(ごっこ遊び)を作り出しています。

恐るべし。

 

先日、文章でラポールを作ることは可能!と書きましたが、

「文章」を「コンテンツ」に置き換えることもできますね!

 

 

ラポールは、形成したら維持を意識しないと

たやすく切れてしまいますが、

対面でも、会っていなくても、

ラポールを維持し強化することは

その後のコミュニケーションをよりスムーズにするために

とても重要だな、と

姪っ子の「ディズニーランドごっこ」写真を見て考えたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です