平成生まれの院生とランチをして、教えてもらった…

彼女たちは、英語はもちろん、研究のためのプログラミングで

images-1

C言語も使いこなしているという

彼女の友達もほとんどそうらしい… !(◎_◎;)

英語や中国語という外国語ではなく

研究開発のために必要なC言語も使いこなす

さすがは、デジタルネイティブ… 

私には、全く理解できない言葉を使って研究している  ~_~;

 

日本語は解釈が難しいので、

ヒヤリングできたとしても、

それをどう解釈するかは、かなり難問だけれど

それでも、PCの奥のC言語より身近でわかりやすいかも… 笑

 

しかし、ヒヤリングの結果から

お客さまの声を受け止めるためには

お客さまとの共通言語がやっぱり必要。

 

今日は、若者にたくさん教えてもらった。🙏

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です