おしゃべりには、出口がありません。

言いたいだけ言って

「あー、すっきりした!」という効果はありますが、

たいていは愚痴や文句、

または、お客さまの気持ちを持ち上げておしまい。

接客ならそれで充分ですが、

ビジネスのヒントは得られません。

一方でヒヤリングには、目的があります。

お客さまの問題を解決したい、

困っていることがあればそれを解消したいという目的です。

目的があるということは、ストーリーがあるということです。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です