【Y30】ポケモンGO!

任天堂の株価が急騰… 

『ポケモンGO!』が

米国とオーストラリア、ニュージーランドの3カ国で先行配信

 

配信と同時に人気沸騰!

アメリカでは、大フィーバーらしく

スマホをかざして街をウロウロしている人が急増しているそうだ

 

それで、

日本のマーケットでも15日の売買代金は4760億円、

東証1部全体の売買代金の約15%を占めたそうだ。

 

開発・販売を手掛けている米ゲーム会社

ナイアンティックのジョン・ハンケCEOは、

世界200の地域に広げる予定で、

日本への投入時期は近いと発表している

 

ゲームにはほとんど、縁のない私だが

ポケモンGO!はちょっと魅かれる

 

リアルな街に、ポケモンが隠れている

pokemon-go-google-nintendo-2

路地にピカチュウが隠れている姿が可愛いなぁー

ピカチュウが捕まえられる! (^_−)−☆

 

 

リアルとバーチャルを行ったり来たりして

ポケモンを捕まえる

自分の住む世界にピカチュウがいる?

 

もう、わけがわからなくなりそう…

 

大フィーバーの弊害、避難の声も上がっている

トルコではモスク内で、

ドイツではアウシュビッツ博物館で

ポケモンを追う人で混雑している

 

きっと、いろんなところで迷惑・不快に

感じている人も多いだろうなぁ

トルコでは、「イスラムを侮辱している」と言っている人もいる

 

リアルとバーチャルを往き来するポケモンGO

夢中になりすぎると危険だ

自分自身をコントロールできるないと

危険なゲームかもしれない

 

スマホを掲げて街に出て

ポケモンを探して捕まえる

 

単純だけど面白い

 

ポケモン探しに街に出て、

リアルな世界とつながり

ポケモンを捕まえてスマホに保存する

 

今までのゲームの常識とは違う

 

リアルとバーチャルを超えた『ポケモンGO』

『初音ミク』の登場に似た驚きを感じた

 

新しい世界観に少しづつ慣れていかないと

自分は今どこにいるのかわからなくなりそう

 

リアルとバーチャルの2つの世界で必要となる意識

常識にとらわれていては自分を見失いそうな気がする

 

考えると難しいが、面白い世界

「考える」より「感じる」ことが重要になってきたかもしれない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です