キーハウスのインタビュー 最近の実施事例

キーハウスの、最近の“印象に残る仕事”をご紹介します。

 

 

●文部科学省「大学教育再生加速プログラム事業」高知大学ベネッセ共同研究に参画   

・「学生の成長と地域と社会と協働して検証する取組」の一環である、高知大学-ベネッセ教育総合研究所の共同研究にインタビュースタッフとして参画。

・首都圏/高知県企業を訪問し、高知大学卒業生と職場の方を対象にデプスインタビューを実施しました。

 

公益財団法人「笹川スポーツ財団」の調査研究に参画

・「小学生のスポーツ活動における保護者の関与・負担感に関する調査研究」の一環として、インターネット調査結果を補完するためのグループインタビューを実施しました。

       http://www.ssf.or.jp/research/report/category4/tabid/1333/Default.aspx

 

 

アイトラッキング&デプスインタビュー

・店頭での商品購入時の注目点や意識を詳細に把握するため、アイトラッキングとデプスインタビューを組み合わせた手法で実施しました。

 

スマホ動画エスノ&オンラインインタビュー

・事前に対象者にスマホで撮影してもらった動画で行動観察を行い、ヒアリングポイントを明確にしたうえで、対象者と画面上でスマホ動画を共有しながらオンラインインタビューを実施しました。

 

乳児ママ家庭訪問 行動再現&インタビュー

・会場インタビューではアプローチしづらい乳児をお持ちのママを家庭訪問し、普段の環境での商品の使い方や赤ちゃんとの接し方の観察と、デプスインタビューを実施しました。

 

中学生 家庭訪問インタビュー

・話を引き出すのが難しいとされる中学生に対し、普段の環境でリラックスして話せる家庭訪問の手法でデプスインタビューを実施。生活環境・学習環境・親子や兄弟との関係性等の観察からも中学生本人のインサイトを把握しました

 

小学校低学年おねしょ」についてデプスインタビュー

・筋道を立てた話をするのは難しいとされる小学校低学年の子どもからも、素直な言葉を引き出すインタビューはキーハウスの得意分野です。

・「おねしょ」というデリケートなテーマでしたが、子ども自身の言葉、また呈示物に対する反応や態度から、インサイトを把握しました。

 

 

*オンラインインタビューなど最近主流になりつつある手法も含め、目的・ご要望に合わせて最適な手法をご提案いたします。

*お気軽にご相談ください