小林円

インタビュー開始時のひと工夫

通常の会場実査の場合でも、インタビュー開始時にはご挨拶やインタビュー趣旨をお伝えする中で、「ラポール形成」の一環として個人情報の取り扱い等の方針をお伝えするなど「安心・安全」の認識を持っていただくのが大切な流れです。

リモートインタビューでもこのことは同様に重要ですが、その前に、インタビュアーの自己紹介と共に「私の映像と音声は問題なく届いていますか?」等、簡単な確認をするようにしています。
 
実は映像・音声の問題はインタビュアー登場前に運営スタッフの方が済ませていることがほとんどですが、リモートで進める上での最初の懸念を取り除くと同時に、なんでもないやりとりを軽く交わすことで対象者の気持ちをほぐす目的もあります。

「大丈夫ですか?」「大丈夫です」、この簡単なやりとりをお互いに軽く笑顔で交わすこと、いきなり趣旨説明に入るより意外と効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です