小林円

対象者の“音声”クオリティ

対象者とインタビュアーの双方が画像と音声を問題なく通信できることはリモートインタビューの前提ですが、特に優先されるのは音声です。

運営担当スタッフがインタビュー前に音声確認を行なってからインタビュースタートとなりますが、ただ「やり取りが聞き取れる」確認だけでは不十分。対象者の環境によっては「サーッ」という “空気の音”とでもいうような雑音?のなか声がこもって聞こえることや、プツプツ途切れがちなこともあり、少しでも“ベストな音声”でインタビュー実施ができるよう、改善策はあらかじめ用意しておいた方がよいと思います。対象者にイヤホンを使ってもらうなど簡単なことで解消されることもありますし、時には「双方の映像はオフにし、音声だけで進行」という大胆な決断が必要な場合もあります(クライアントの事前了承をお忘れなく!)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です