小林円

“目が合っている”感覚

最近はもう、オンライン会議や飲み会で画面越しの“対面”に慣れてきた人が増えていると思います。
リモートインタビューでも、対象者は画面越しであることにさほど違和感を持たなくなってきていると感じます。

それでもやはり、開始から数分の「ラポール形成」のタイミングでは、対象者がインタビュアーと“目が合っている”という感覚を持つことはとても大切。

心を開いて話せる関係性づくりの第一歩は“目を合わせる”こと。

だから、カメラと目線の高さやキョロキョロ目線を動かずに目に入る必要書類等の配置など、インタビュー開始時の相手からの見え方を意識した工夫を大事にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です