明日からしばらく、

対象者の方のご自宅を訪問してのインタビューが続きます。

 

ご自宅は、対象者の方にとっては

もっとも“いつもの自分”でいやすい空間。

文字通り、“Away”でなく“Home”ですからね。

ラポールもグンと作りやすくなります。

 

子どものインタビューの時は特に、

リラックスして普段の気持ちで話してもらうには

最適な“場”なのでオススメです。

 

相手が大人でも子どもでも、

ご自宅に訪問する場合に特に気をつけることで

誰にでもすぐできるラポール形成のためのポイントは

なんだと思いますか?

 

それは、「カジュアルでラフな服装で行く」ことです。

簡単にいうと、

ビシッとスーツとか着るのはオススメしません。

NGとまでは言わないものの

ラポールが作りにくくなってしまいます。

 

“いつもの自分”でいてほしいのに、

ビシッとビジネスモードで会いにいくと

相手も“よそゆき”な心持ちになってしまいますからね。

 

名刺を渡してご挨拶、というのも

あまりオススメしません。

もちろんご挨拶はしますが、

名刺も“ビジネスモード”のアイテムですからね。

どうしてもお渡しする必要がある場合は

なるべく最後にお渡しするのをオススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です