昨日は違うテーマのグループインタビューを1本ずつ、

計2本の実施でした。

 

1本はエンタメ系で、男子大学生のグループ。

もう1本は美容系で、20〜30代女性のグループ。

 

テーマも対象者も違い、

かつ一人ずつとラポールを維持しながら

脳をフル回転しつつ2時間のインタビューを2〜3本続けてやると、

終わった後はそこそこ「脳がお疲れ気味?」な感じになります。

 

しか〜し。

インタビューの最中やその後の振り返りのミーティングでは

不思議と「脳が疲れてる…」という感じ、

あまりしないんですよね。

 

これ、なんなんでしょ?

「ランナーズハイ」ならぬ「インタビュアーズハイ」?

(単に気が張っているだけという説も…笑)

 

でも、ラポールがちゃんと作れて聴きたいお話が聴けていると

脳も心地いいんでしょうね。

エンドルフィンが出てるんでしょうか??

 

ラポールがいまいち作りづらい場では

疲れたりしますよね。

 

ラポールが作れているかどうかは、

自分も心地よく感じられているかというのも

目安かもしれません。

カテゴリー: 小林円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です