かなり以前のことだが、

「インタビューとは、相手の内面を見せてもらうこと」

と教わったことがある。

 

この言葉を聞いたときには

私は既にマーケティングインタビューの仕事をしていたけれど、

「なるほど!」と目から鱗の気分だった。

 

インタビューとは「欲しい答えを言ってもらう」ことではない。

わかりきったようなことだが、

欲しい答えを言ってもらえるように誘導するインタビューを

時々見かけるのも事実。

 

そういうインタビューを見ると(私はしないけど)、

なーんか違うなあ…と胸がザワザワしていたのだ。

そのザワザワの正体がハッキリわかった気がした。

 

まあ世の中には、

欲しいコメントをとるためのインタビューも

存在しているだろうとは思う。

 

しかしマーケティングインタビューでは、

そういったインタビューは意味を為さない。

 

だから私は今も、

マーケティングインタビューを実施するときはこのことを思い返し、

これからインタビューする方々に

「あなたの内面を見せてください」という思いを込めて

三つ指をつくイメージで丁寧にお辞儀をしてインタビューをスタートする。

 

「内面」を見せてもらうには、

それなりの誠意とお作法が必要なのである。

 

相手がどんな人かに関わらず、ね。

 

カテゴリー: 小林円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です