先日、少し喉が風邪っぽいなという気がしたので

家では加湿器をフル稼働、プラス頻繁にうがいをして

風邪退治に励んだ私。

 

それほどひどい状態ではなかったのですが

乾燥すると悪化しやすいので

マスクをして打ち合わせに出かけました。

 

打ち合わせ相手の方とお目にかかってすぐ、

挨拶もそこそこに

「これ(マスク)、風邪ひいてるわけじゃなくて

 予防のためなので、心配しないでくださいね」。

 

心配とは、もちろん「移らないかな」という相手の心配。

そう、マスクをしているとそれだけで

ラポールが作りにくくなってしまんです。

 

表情はよく見えないし

「この人風邪ひいてるのかな」という危険信号も点滅します。

 

だからまず、

ラポールの基本中の基本「安心・安全」を感じていただくために

最初に「マスク」への心配を除いたというわけです。

 

先日乗ったタクシーの運転手さんも

「マスクをするとお客さんへの印象が悪い」と言っていましたし、

あなたも「マスクはラポールを作りづらくする」こと、

肌感覚で気づいていると思います。

 

これからの季節は花粉症対策でマスクをする方も

多いですよね。あなたもそうかもしれません。

 

もしあなたが、ラポールを作りたい相手と会う時に

やむをえずマスクをしなくてはならないなら、

相手の心配を取り除くことを意識してくださいね。

 

あ、もちろん「この人とはあまり話したくないなあ」と

むしろラポールを切りたい時は、

敢えてマスクをすると効果的ですよ(笑)

カテゴリー: 小林円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です