「北風と太陽」という童話をご存知ですか?

 

以前、インタビュアーを目指す方に研修をする機会があり、

その時に「ラポール」についてどうお伝えしようかなと

考えていた時、

ある人に相談して言っていただいたことがあります。

 

「『太陽と北風』の“太陽”になることだよ」。

 

!!! まさにその通り!!!

私は深く納得して、

今でも「ラポール」をビジュアルで考えると

「太陽がぽかぽかと暖かく照らし、旅人が自分から上着を脱いでいる」絵が

浮かびます。

 

ラポールを作るということは、

“北風”になって相手に「話せ、話せ」と迫ることではなく、

“太陽”になって相手が「自分から話したくなる」状態になっていいただくこと。

 

そんなイメージを持ってインタビューをして、

終了時に

相手の方に「楽しかったです」と言っていただくと

少しは“太陽”になれたかな?と嬉しくなります。

 

話してもらいたいときは、“太陽”に。

あなたも、イメージしてみてくださいね。

カテゴリー: 小林円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です