何を隠そう、私は女優だった。

 

…ウソです、すみません。

 

でも、100%ウソでもない。

 

高校時代、クラス対抗の演劇祭?で主役の一人をやらせてもらったし、

大学時代は演劇部に所属し、3回ぐらい舞台にも立った。

(ちょろっとコントでTVに出たこともあったりする。)

 

でも基本的に人見知りだし

才能もないな、てことで

観る方に専念して今に至るわけだが、

実は今も、“女優”ではないが“女優モード”が役立つことがある。

 

マーケティングインタビューは、

インタビュールームの中にいる私とお客様5〜6名以外に

別室でインタビューをモニタリングしている方がいるのが通常だ。

多い時には、20名ぐらいの方が見ている中で

インタビューを実施する。

 

最初の頃はそれはもう緊張して、

平気な顔をしていても実は前日から吐きそうで

食べ物もノドを通らなかった。

 

そんな時は、もう思い込むしかない。

「私はうまくやれる、やりきって充実した気持ちで家に帰る」。

そう、“女優モード”だ。

「うまくやれる私」の役を演じるつもりで挑む。

 

そして、始まってしまえばもうグーッとインタビューに集中し、

2時間のインタビューもあっと言う間に終わっているのだ。

 

自分のことでいっぱいになっていると、

相手に寄り添いラポールを作ることができなくなる。

 

あ、なんか私、緊張してるな、あがってるな。

そんなときは、“女優モード”

案外うまくいきます。

 

あなたも、いかがですか?

カテゴリー: 小林円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です