先日開催したプチ講座

【インタビュー成功術・はじめの一歩「必勝!ラポール」】

にご参加いただいた方と

講座終了後にお話していて印象的だったこと。

 

それは、

この講座に参加してくださった目的に対する役立ちとは別に、

 

  • お子さんに対して
  • ご主人に対して
  • 上司に対して

 

と、普段ごく身近に接している人との「ラポール」について

いろいろと気づきを得てくださっていたことだ。

 

「そういえば、顔を見ないで返事をしているかも」

「話をしながらスマホ画面を見ていたかも」

「向き合ってはいたけど、書類に目を落としっぱなしだったかも」

 

など、

 

「もしかして私、ラポール壊してたんだ!」

 

とハッとした…というお話をしてくださった方が多かった。

 

そうなんです!

 

忘れがちだけど、「親しき仲にもラポールあり」

いや、「親しき仲こそラポールあれ」

 

なんといってもラポールは、

無意識には形成されませんからね!

 

お子さんと、ご主人と、上司の方と。

ちょっと意識するだけで

コミュニケーションが変わりますよ。

 

合言葉は「親しき仲こそラポールあれ!」

やってみてくださいね。

カテゴリー: 小林円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です