先日、美容院に予約の電話をしたときのこと。

 

私「予約お願いします。

 カットとカラーを◯◯さんにお願いしたいのですが、

 ◯月◯日の早めの時間は空いていませんか?」

 

店員さん(以下“店”)

「◯月◯日ですと、◯時が空いております」

 

私「ではその時間でお願いします」

 

店「かしこまりました。◯月◯日の◯時ですね。

  メニューはどうなさいますか?」

 

私「えーと、さっき言ったんですけど…

 カットとカラーをお願いします…(聞いてないし…)」

 

…こいうこと、よくありませんか?

 

お客さんの思考ではなく

自分の流れでしか考えられないのか、マニュアル通りなのか、

「全然聞いてないやん〜」と脱力すること、

結構あります。

 

最終的に通じればまあよいので

最近はそれほどイラっとしなくなってきましたが、

それでもやっぱり「もったいないなあ」と感じます。

 

丁寧な言葉づかいで対応されていても、

「さっき言ったのに」と思った時点で

私と店員さんのラポールはぷっつり切れてしまうからです。

 

逆に言えば、こういうことが多いからこそ、

一度言ったことをちゃんとキャッチしてもらえると

それだけでやや好印象(普通のことなんですけどね笑)。

 

つくづく、ラポールの基本は

「相手の言葉をしっかり聞く」だな〜と思ったのでした。

カテゴリー: 小林円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です