この週末、部屋のレイアウト変更に伴って

ちょっとした断捨離をしていました。

 

私はこれまで手紙や年賀状を取り置いていたのですが

全く読み返さないし年々場所はとるしで

思い切って処分することに。

 

そうと決めたらいさぎよく

どんどん処分していましたが、

ふと目に止まった1通の古いエアメール。

ちょっと気になり読んでみました。

 

その手紙は、20代初めにとてもお世話になった方から

数年後にいただいたもの。

便箋4枚にびっしりのメッセージの中に

こんな一節がありました。

 

*********

一つ一つ小さなことでもやりとげるということは、

どれだけ自分の自信になることでしょう。

「自分ってなかなかやるじゃん」と自分を見直していく、

これが自分を好きになる唯一の方法です。

*********

 

当時20代半ばの私に贈られたエールですが、

それから長い時を経た今の私の気持ちにもピッタリの

応援メッセージをいただいたような気がしました。

 

この方とは何年もお会いしていませんが、

当時いただいた誠意に再び触れることで

私のこの方へのラポールが改めて強く深くなったのです。

 

相手の年齢や立場に関わらず

個人と個人として真剣に真摯に接すると

時間を超える強いラポールが築かれる。

 

それを再認識させてくれたこの手紙、

もちろん処分せずお取り置き決定となりました♪

さあ今週もがんばろう〜!

カテゴリー: 小林円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です