定性調査はやりたいけど費用も時間もかかる

顧客に確認したいことがある

新商品や新CMの評価を聴きたい など

社内で顧客インタビューをしたいとお考えの企業も多いようです。

特に研究所で新製品開発に取り組んでいらっしゃる方には

30分でいいからお客様に話が聞けたら・・・と切実にお考えのようです。

 

FGIやDIでご一緒した際によくこんなお話を伺います。

そして、どうしたらキーハウスさんみたいにインタビューができるのですか?と、聞かれますが、

それはですね。・・・と、当然お話はできません。

企業秘密?・・・ではなく(もちろんそれも少しはありますがー笑)

インタビューには技術が必要なのです。

モデレーターとしてのマインドセットも重要です。

 

ざっくりと言ってしまえば次の2つが重要なのです。

インタビュー技術とモデレーターとしてのマインドセット

インタビュー技術もラポール作りはもちろん、

本音を引き出すテクニックもたくさんあります。

 

コンセプト評価の方法や商品評価の方法、価値観や潜在意識をどう探ってゆくか…

一度にお伝えできるものではありません。

モデレーターしてのマインドセットは、単なる心構えではありません。

対象者と相対している間、

インタビュー前後のスタッフミーティングやブリーフィングの間はどういう立場でいるべきか

対象者の発言に対してどういう姿勢でいるべきか…など

なかなか、一朝一夕にモデレーターとして活躍できるわけではません。

マーケティングインタビューはお客様と話ができるだけでは、ダメなんです。

 

社内にモデレーターがいたらいいなぁと思ったら

クリックしてみてください⇒社内モデレーター育成プログラム

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です