六本木中国茶会のご案内

二年ぶりに六本木中国茶会を開催致します。

東京ミッドタウンサントリー美術館のお茶室「玄鳥庵」で中国茶席を催します。

六本木中国茶会の「以茶会友の心」はそのまま、日本茶道の為に作られたこの空間を私たちがどう活かせるか、令和最初の六本木中国茶会をこの「玄鳥庵」で皆さんと一緒に楽しみながら作り上げてゆきたいと思います。

「玄鳥庵」は1961年丸の内にサントリー美術館が開館された時に設けられました。  

裏千家第十四代淡々斎宗匠により「玄鳥庵」と命名され、赤坂見附、そして六本木へと引き継がれてきたお茶室です。お茶会当日は、サントリー美術館の展示もお楽しみいただけます。


茶室   ©木奥恵三    ©Keizo Kioku

都市の中の静寂な空間で、中国茶と美術鑑賞の1日をゆっくりとお過ごしください。

  i.        日時 7月14日(日曜日) (各席10名)

第一席 11時15分開始 第二席 12時15分開始

第三席 13時15分開始 第四席 14時15分開始

  ii.          お茶会テーマ 「夏のお茶遊び」

今期のサントリー美術館は「遊び」に着目した展示です。お茶席もこの季節ならではのお茶を楽しんでいただき「夏のお茶遊び」と題しました。

お茶はこの季節にぴったりの緑茶と青茶からそれぞれ1種類をご用意します。

  iii.          お茶会参加費用 2500円 緑茶1種、青茶1種、お菓子

お茶会参加費には当日のサントリー美術館観賞券(1300円)が含まれます。お茶会前後のお好きな時間に美術館の展示もゆっくりお楽しみいただけます。

  iv.          お申し込みはこちらから