【いいなぁ、いいなぁ、わんにゃんLIFE】は、ペットとの暮らしにどんな”ハッピー”があるのか、人とペットが幸せに暮らすための工夫やヒントを見つけ、共有するためのインタビューです。

今回は、東京都港区に暮らすフランダーくんのママにお話を伺いました。

 

■プロフィール

・フランダーくん(♂)/3才/チワワとトイプードルのミックス

・ママ:50代女性(フリーランス)/夫・長女(社会人)

 

 

 

 

 

 

 

============《インタビューのまとめ》===============

  • この仔の志の強さを感じたのが、家族になったきっかけ
  • 家族になって、犬嫌いだった私が180度変わった!
  • 家族全員が“フランダーファースト”
  • ただ長生きさせるだけでなく、“クオリティオブライフ”にこだわりたい
  • 人生全てを私たちに委ねているフランダーは、家族の中で一番大切

=======================================

 

■家族になったきっかけ

・私は元々犬嫌い。夫と娘はここ何年も「犬を飼いたい」という波があって、その都度私が「ダメ」と言っていた。遠目で見ているのはいいけど、触ったりするのは子供の時から苦手で。でもある時、ペットショップで娘が撮ったこの仔の写真を見たときに、「この仔、志が強い!」と思って、この仔にいろんな世界を見せてあげよう、彼の生活を充実させてあげたい、と思った。

・実際に家族になってみて、私自身が本当に180度変わったペットは飼うのは嫌だったけど、動物を見たり、動物園や水族館に行くのは大好きだったので、この仔が来てから、より一層動物や生き物に対する気持ちが強くなった。植物がちょっと枯れてるだけでも「苦しんでるんだ、かわいそう」と思っちゃったり。ありとあらゆるものに「命」を感じるようになった

▶︎家族になるきっかけになった写真

 

 

 

■一緒に暮らす上でこだわっていること・工夫していること

家族全員が「フランダーファースト」なので、なるべく彼が1人でいる時間を少なくするようにしている。家族の誰かしらが都合をつけて、10時間以上彼が1人でいることがないように、みんなが気にかけている。

・食事は、ペットショップで生まれた時から「ロイヤルカナン」というペットフードを食べていたので、そのシリーズの大人用のものを食べさせている。ペットフードは栄養が全部考えられているのでそれを基本に食べてもらって、いい子でドライヤーまでさせてくれたとか何かのご褒美の時に、おやつとか、お肉を蒸したり焼いたりしたものをあげるようにしている。おやつはササミでできた四角くプレスしてあるものや、ビーフジャーキー。

・月に1回トリミングに行くが、芝生の上や砂の上で遊んだ時は家で私がシャンプーする。aesopのワンちゃん用シャンプー。と一緒のブランドだけど、ワンちゃん用のも一応「人間も使える」と書いてある。シャンプーする時に、目に入ったら痛いんじゃないかとか、ぺろぺろ体を舐めた時に成分が入っちゃって病気になったら嫌だなと思うので、なるべく安全なものがいい

・フラちゃんのお洋服はいっぱいあるチェストの引き出し一つは全部彼のお洋服。4つある引き出しのうち2つはフラちゃんのもの。可愛いと思うと買ってしまう。

・トリミングや寄生虫予防の薬、ドッグランの他、病院がすごく高い。ちょっと心配だとすぐ病院に行ってしまう。それにお洋服やご飯を考えると、1ヶ月3万円じゃ効かないかもこの子のために早くタクシーで帰っちゃおうとか、仕事の間に時間が空いたら、前なら適当に時間を潰すところを一回家に帰ってきちゃったりもしている。

 

■今後について

・とにかく長生きしてもらいたいというのが一番で、そのための答えを知りたい。彼がいなくなっちゃったら本当に辛いことになると思うので、なるべく病気もせずに長生きしてもらいたい。でもそのために何をしたらいいかが本当にわからない

QOL(クオリティオブライフ)が大事だが、とりあえずペットフードは栄養が偏っていないからいいと信じて食べてもらうことぐらいしか、今の私にはやりようがない。彼が人生楽しくなるようにと思って、色々面白いところに連れて行ってあげたり、家にいる時にマッサージしてあげたり、そんなことしかできない。もし彼が喋れたら、「どこどこ行きたいよ!」とか欲求を言ってほしいそれをやってあげた時に楽しかったとか嬉しかったとか、「ママ、好き!」とか言ってくれると嬉しい。彼が楽しいかどうか、よかったかどうかを知りたい。それで「ママ、好き!」と言ってくれると泣いちゃう。

 

 

 

 

■現在この仔は家族の中でどんな存在か

・フラちゃんは、一番大切なもの。家族の中で、一番大切だって彼は全部人生を私たちに委ねているわけだから責任がある。長生きすればいいというだけでもない。フラの話するとすぐ泣いちゃうんですけど、なるべくいい人生を送ってもらいたいと思っている。彼のやりたいことは全部やってあげたい。彼の幸せがなんだろう、応えられているのかなと思うと涙が出ちゃう

・娘や夫は自分で好きなように食べたり飲んだり出かけたりできるけど、彼は私たちがやってあげなきゃ食べられない。やっぱり彼の人生の責任は私たちにあるので。

・友達もみんな驚いているが、家族になっての人生も穏やかになった気持ちも穏やかになるし、家の中もみんなが笑顔が増えたと思う。