山中紀子

陽極まって陰となる「夏至の新月」に願い

6月21日「陽極まって陰となる」夏至を迎えました。この日は部分日食も見られ、さらに新月。新しい月の始まりに、願い事をするといいそうです。

3月末からずっとこの夏至を楽しみに、というか「夏至までは我慢だ!」と、感染症による自粛生活を過ごしてきました。そして、6月19日に新しい生活スタイルの中で自粛解除が宣言されました。東京では感染者が2桁の日が続いて、まだまだ安心できない中での移動自粛解除となり、嬉しさと不安が一緒にやってきた気がします。少しずつコロナのことがわかりコントロールも可能になったのか、最近では経済重視の傾向がはっきりと見えてきました。

とはいえ、いきなりフル稼働もできず、様子を見ながら少しずつ新しいスタイルで動き始めています。テレワーク、テレカン、リモートインタビューも以前から取り入れていたので、キーハウス内部の仕事のスタイルには大きな変化はありませんが、ご一緒する方々とのコミュニケーションは変わりました。初対面の方とのご挨拶もモニター越しです。社外の方とのモニター越しのミーティングにもなれましたが、「真っ黒な囲みにお名前表示」の会話には違和感があります。ご一緒する方のお顔が見たいというのが、正直なところです。

新しい生活スタイルの中、解決しなくていけない問題や私たち自身の意識にも大きな変革が必要だと感じています。

夏至の日の新月にお願いしたのは、「コロナ退散!」と「新しい生活スタイルの中でみんなに幸多かれ」でした。そして、「私も早く慣れなくっちゃ!」とひとりごとを追加しました。

山中紀子

リモートで家庭訪問

 

モニターの向こうは、当然ながらご自宅。

リモートでインタビューしているといろんな情報が入ってきます。

家の中の様子も拝見できます。もちろん相手の了解を得て進めていきますが、子供がぐずったり、宅配便が届いたり…通常の家庭訪問と同じようなハプニングが起こります。

先日もキーハウスの自主企画のインタビュー中に、突然ご主人が帰宅。

モニターを覗き込んでこられたご主人に「お…お邪魔してま〜す🎶」と思わず言ってた私…。あのー「ろ・ろくが・録画中」まぁ、あとで消しますね〜苦笑。

リモートインタビューも結構緊張感あります。

●全国どこでもリモートインタビューなら家庭訪問ができます。ご相談ください!

山中紀子

リモートインタビュー進化中

定性調査の現場はもうすっかりリモート。会場で対面で実施するインタビューと家庭でリモートで実施するインタビューを比べると、圧倒的に対象者が参加しやすく、リラックス。

まさにHOME状態(笑)

リモートインタビューは魅力も多いが、夫が必要。なんせ、モデレーターにはAWAY!なので。(苦笑)

従来の会場でのFGIやDIと違うのはシステムだけではなく、モデレーターもラポールの作り方や聞き方、観察視点などを変えて、進化しなくてはならないと実査を積むごとに強く感じます。

 

キーハウスでは、会場調査が難しい中高生や妊婦さん、家庭訪問のような実施方法など、会場対面インタビューと比較しながら、自主企画のリモートインタビューを繰り返し、日々研鑽を積んで企業さまのご要望にお応えしています。

●リモートインタビューを試してみたい方歓迎です!是非ご相談下さい。

 一緒に新しい方法にチャレンジしていきましょう