山中紀子

【Y31】祝!モデレーター養成ネット講座 全16回修了

デレーター養成ネット講座修了! 

よく頑張りました!

85aa6913244eecadd4056cdc8b558879

1回が4−5分の動画全16回のネット講座

受講者は動画を見て気づきをアップします。

講師は、一人ひとりの気づきにコメントします。

 

現場からのアドバイスやちょっとしたコツ

モデレーターの経験をお伝えして、学びを深めていきます。

受講者の質問には、講師がコメント欄で答えます。

受講者全員が100%シェアします。

 

毎日動画を見てコメントをアップすることが受講者の課題!

動画は5分程度ですから、通勤途中でもみられます。

ランチタイムや休憩時間にスマホで動画を見て、

コメントや質問をアップ

講師もASAPでコメントします。

 

何度も動画を見て理解を深めることもできます。

 

また、日曜日はお休みなので

まとめて1週間分の動画を見て復習することもできます。

 

毎日、少しずつ コツコツと学ぶ・・・

1日10分程度のことですが

一人では なかなか難しい

仲間がいると、自分もやろうと頑張れるようで

最後まで全員がゴールできました。

 

5分の動画を何度も見て、お互いの気づきをシェアする

毎日どんな動画が届くのか、

一緒に学んでいる人のコメントも楽しみです。

先日、16回分全ての動画配信が終わり

全員が毎回コメントして

最後は、受講者が毎日メモしていたことをレポートで提出して修了

 

最終的には、モデレーターとしての心得手帳が出来上がりました。

こうして、3週間16回のネット講座は、先日終了しました。

 

今度は、ネット講座で学んだスキルを実践します。

ミニグルインや1対1のインタビューをリアルで体験します。

ネット講座での学びを自分のものにして

インタビュアーとしての経験を積んで行きます。

 

モデレーター養成ネット講座のご紹介動画

https://youtu.be/NGJ611v3fLk

山中紀子

【23/山中】対象者の内側にフォーカス

ヒヤリングをさせていただくと対象者の方が、

突然「そっか!」

5e5f3931d0cac66746a5ad7264060367

「だから、わたしは・・・していたんだ!」と、

おっしゃることが良くあります。

 

 

誘導ではなく、相手にフォーカスして

きちんとヒヤリングができていると、

こういうことは良くあります。

 

話してしているうちに、

対象者自身が、自分の潜在意識/本心(本音)に気がつくのです。

 

私たちが行っているヒヤリングは

潜在意識や本音を引き出すのが目的です。

 

fc6200892a21c92ead4718d887739c93対象者自身が少し考え込むこともあります。

そういう時は、

自分の内側を見つめて考えている場合が多いので

ちょっと待つようにしています。

 

良いヒヤリングができていると

対象者は、心の内側を見つめて整理することができ、

多くの気づきもあります。

ですから、ヒヤリングの最後に

「すっきりしました!」とおっしゃる方も多いです。

 

良いヒヤリングは、

本人がまだ気がついていない《内側にフォーカス》していきます。

これも、「ヒヤリングは会話ではない」と言う1つの理由です。

山中紀子

【20】開始30秒で決めます!

ヒヤリングはおしゃべりではないので、
それなりにストーリーがあります。
その上で、気持ちよく話してもらいます。
 
そのためには何が必要か…。
 
自分自身がヒヤリングモードに入ることです。
入り口で、親しげにおしゃべりしながら入ってしまうと…、
 
    “アウト” !(◎_◎;)
 
いいムードで打ち解けて話せたと思うかもしれませんが、
そこから軌道修正するのは大変。
もう誘導して話を立て直すしかないので注意が必要です。
 
私がヒヤリングを始めるときには、よく知っている人でも
 

スクリーンショット 2016-02-17 2.03.39

きちんと挨拶をして感謝の気持ちを伝えます。
 
これで、ヒヤリングスイッチが入ります。
 ちなみに相手が変わっても、
毎回台詞のように同じ言葉です。
 
でも、しっかり相手の目を見て伝えます。
 
他にもいくつかありますが、
とにかく最初の30秒で決まります。
 
30秒のルーティーンが作れると
いつでもヒヤリングモードにONできます!